いろいろなニューロン


 感覚神経や運動神経を作る細胞は神経細胞(ニューロン)とよばれます。ニューロンは核を含む細胞体と興奮を伝える長い突起である軸索からなっています。また、細胞体には他のニューロンから興奮を受け取る樹状突起をもつものもあります。
 
 ニューロンにはいろいろな種類があります。感覚神経は感覚ニューロン、運動神経は運動ニューロンによって構成されて、中枢神経系ではこの感覚ニューロンと運動ニューロンの間に介在ニューロンが存在することが多くなっています。

 ニューロンの軸索は絶縁体である髄鞘が巻きついているものと髄鞘がないものがあります。髄鞘をもつ軸索を有髄神経繊維といい、髄鞘をもたない軸索を無髄神経繊維といいます。

 有髄神経繊維のほうが興奮を伝える速度(伝導速度)が速いので脊椎動物の感覚ニューロンと運動ニューロンのように遠く離れたところに興奮を伝えるニューロンは有髄神経繊維になっています。それに対して、無脊椎動物のニューロンや脊椎動物の介在ニューロンは無髄神経繊維になっています。