心臓 刺激伝導系



ナレーション へのリンク

 心臓の拍動は、ペースメーカーを中心とした刺激伝導系とよばれる調節機構によって自動的に調節されています。これによって心臓はいつも規則正しく拍動しています。これを、心臓の自動性といいます。

 刺激伝導系で心臓が拍動する様子は次の通りです。

 まず、右心房の上部にある洞房結節(ペースメーカー)が興奮し左右の心房が収縮します。
 次に、洞房結節の興奮が、右心房と右心室の境界付近にある房室結節に伝わり、房室結節が興奮します。
 そして、房室結節の興奮は、プルキンエ繊維によって左右の心室に伝えられ、心室が収縮します。
 



------- SHARP EVAアニメータ プラグインが必要です --------
・プラグインはここ からダウンロードしてください。