活動電位と膜タンパク質




 静止電位の状態にある部位の細胞膜が刺激を受けると、活動電位が発生する。これは、刺激によってナトリウムチャネルが開いて細胞内に多量のナトリウムイオンが瞬間的に流入し、細胞内の電位が正の方向に変化するためである。

 しかし、開いたナトリウムチャネルはすぐに閉じ、さらに多くのカリウムチャネルが開いてカリウムイオンが多量に細胞外に流出する。そのため、細胞内の電位はすぐに静止電位に戻る。


------- SHARP EVAアニメータ --------