解説が下にあります。




解説

 肺の肺胞で取り込まれた酸素のごく一部は、血液の水分中にとけ込んで運ばれますが、ほとんどの酸素はヘモグロビンと結合して運ばれます。

 ヘモグロビンは、酸素が豊富な肺胞(酸素分圧が高く、二酸化炭素分圧が低い所)では酸素と結合し酸素ヘモグロビンとなり、物質交代が盛んで酸素が少ない(酸素分圧が低く、二酸化炭素分圧が高い)組織では、酸素を放出するという性質を持ちます。

 この性質は効率よく酸素を組織に運ぶためのものであり、少しぐらい酸素が減っても簡単には酸素を離さず、組織に達したところでようやく酸素を離すようになっています。このことについては、酸素解離曲線を見るとよく分かります。