種なしスイカの作成


 種なしスイカの作成はコルヒチン処理をしてつくった4倍体のスイカのめしべに2倍体にできた花粉を受粉させ3倍体のスイカを作ることから始まります。

 次に、3倍体のめしべに花粉を受粉させると種なしスイカが出来ます。これでなぜ種なしスイカが出来るかというと、ポイントは「3倍体では減数分裂が行われないから」ということです。減数分裂が起こらないと3倍体のスイカのめしべが受粉しても受精が出来ず種子が出来ないのです。種子が出来なければ子房壁も肥大せず果肉も出来ませんがこの場合は何と都合が良いことに、受粉の刺激だけで果肉が出来ます。


-