解説が下にあります。



解説
 葉緑体のチラコイドを作っている膜には様々なタンパク質が埋め込まれています。それによって二酸化炭素の固定に必要なATPと水素原子が用意されます。

 このアニメは単にチラコイド膜に存在するタンパク質を紹介するものです。

 葉緑体の中にあるチラコイド膜内で、クロロフィル(光合成色素)が光エネルギーを使って水を分解し、プロトン+酸素分子+電子を作ります。そしてこのときにできた電子からNADPHをつくり、チラコイド膜内外のプロトン濃度勾配を利用して、アデノシン三リン酸(ATP)が作られます。これらのことがチラコイドでおこなわれ、明反応ともいわれていました。このしくみは結構複雑でなかなか理解できません。電子の流れがどのようになっているのか、ATPはいつどこでどのように作られるのかうまくイメージできたら良いなと思いますが、とりあえずは明反応に関連したタンパク質類の種類をこのアニメで見てもらいたくて作ってみました。